10個の作用があるプラセンタサプリ

疲労回復作用

プラセンタには疲労回復作用が期待できますが、なぜ疲労は起きてしまうのか知らなければなりません。肉体疲労のおもな原因は、体を動かすエネルギー源不足です。そして疲労物質の蓄積でも起こります。

 

ダイエット中で根本的に栄養が不足している方や、不規則な食生活を続けている方も疲労を感じやすくなります。また、エネルギー源を分解する際には乳酸ができて、乳酸が多く体に蓄積されると、体は疲労を感じはじめます。

 

たとえばいつも同じ姿勢を続けるデスクワークでも、乳酸は代謝されず蓄積していきます。適度な運動をして乳酸を代謝させれば解消することができます。

 

■ 豊富なアミノ酸で疲労回復
■ 代謝に必要なビタミン、ミネラルの摂取
プラセンタが疲労回復によいのは、豊富なアミノ酸の配合量によるものが大きくなります。プラセンタに含まれるアミノ酸は、疲労により発生する酸化ストレスを軽減させます。運動後の疲労回復がしやすくなり、運動機能をアップさせる効果もあります。

 

プラセンタによる疲労回復効果を得るなら、素早くアミノ酸を摂取することが大切です。できれば運動後に摂取するようにして、激しい運動後の疲労回復に利用しましょう。

 

また、プラセンタには抗ストレス作用もありますから、ホルモンバランスを整えて精神を落ち着かせ、脳のストレスからくる疲労回復にも効果的です。

 

プラセンタの詳細情報はこちら 

関連サイト

http://xn--j9jg7wqa2jqe1c.com/・・・プラセンタの効果と選び方について詳しくお知らせしているサイトです。サプリや注射などありますが、サプリでの摂取のほうがいいみたいです。その理由はこちらからどうぞ♪
http://xn--8-hfuraq2jd6jm1f.com・・・美容にいいサプリメントはたくさんあります。中でも一番注目されているのがプラセンタサプリ!人気のプラセンタサプリをチェックしましょう♪
20170522-->

代謝機能促進作用

体が持つ代謝機能とは、老廃物を排出し、栄養を摂取する働きのことです。代謝は人の体には不可欠となっており、代謝機能の低下で様々な病気になるといわれています。

 

代謝がいいとは呼吸が深くゆっくりで酸素をしっかりと取り込み、二酸化酸素をしっかりと排出する体や、血行がよく血液が全身に行き渡り、必要な成分を隅々に届けている人のことです。

 

代謝がよいとは一般的に太りにく体質といわれていますが、肥満と代謝の低下も密接な関係を持ちます。

 

では、なぜプラセンタが代謝を整える機能が期待できるのかというと、自律神経を整える働きがあるからです。代謝が低い人は体温調整が上手くいかず、冷え症になっている方も多くなっています。手足が冷たい人は、代謝が低下しているともいえ、自律神経が乱れて代謝が低下してしまっています。

 

■ 交感神経のスイッチを促がす
■ 代謝を上げるたんぱく質をしっかり摂取できる
■ ビタミン、ミネラルなど代謝に必要な成分がとれる
これらの作用により、プラセンタは代謝機能促進作用が得られます。太りにくいと感じる人や、冷え症がある方、メタボリックシンドロームの方にも、代謝をアップさせる必要があります。呼吸や体温調節などはすべて自律神経が調節しており、プラセンタは自律神経の働きを正常化させ代謝のよい体に導きます。

 

プラセンタサプリで徹底比較はこちら 

血行促進作用

血行不良がある方は、肩こり・頭痛・腰痛・冷え症・むくみ・生理痛などの症状を感じやすくなっています。血行不良は女性に多く、体の隅々まで血液が行き渡っていません。

 

なぜ血行不良になるのかというと、自律神経が乱れているのが原因です。血液は動脈と呼ばれる太い血管や、毛細血管と呼ばれる細い血管でできており、体中を巡っています。健康な状態では、血液が全身に届けられ、くまなく栄養や酸素を届けています。

 

この血液の流れを左右しているのが自律神経で、血管を拡張させたり収縮させたりして調節しています。自律神経の乱れはストレスでも起こりやすく、交感神経が優位に働きすぎると、血管はつねに収縮して血行が悪くなってしまうのです。

 

■ 自律神経を整えて血行をよくする
■ 交感神経と副交感神経のスイッチ切替ができる
このようにプラセンタには自律神経を整え、血流まで調節する働きがあります。ストレスで自律神経が乱れている方や、生活が不規則な方も交感神経が優位に働きやすく、血液が全身まで届けにくくなってしまいます。

 

血液が末端まで届かないと、血液は心臓や肺など重要な臓器に血液が集中してしまい、肌や頭髪のように、生命に危険が及ばない箇所で悪影響が出てきます。