肝臓強化作用

肝臓強化作用

肝臓には解毒の働きを持ち、有害な物質が体の中に巡らないように対策する大切な臓器です。肝臓の機能が低下すれば、アルコールや薬が代謝できなくなり、老廃物も体に蓄積し問題が出てきます。

 

ほかにも食べ物から摂取した糖やたんぱく質、脂質を体内にとどめる代謝の働きもあります。エネルギーが足りなくなれば素早く供給されています。

 

肝臓は胆汁を生成する器官でもあり、脂肪の消化吸収を助ける消化液を生成しています。

 

なぜプラセンタが肝臓の機能をアップさせるのかというと、プラセンタに含まれる成長因子が肝臓の細胞分裂を促がすと考えられているからです。プラセンタは実際に肝機能障害の治療としても使われており、慢性肝疾患の治療には健康保険が適応しています。

 

■ 肝細胞の壊死を防ぐ
■ 抗酸化作用で活性酸素を除去
■ 肝臓の細胞分裂を促がす
肝臓は一部が失っても細胞分裂を繰り返し、ふたたびもとにもどると聞いたことがないでしょうか?肝臓は細胞分裂が活発な臓器で、プラセンタの成長因子の恩恵を受けやすいといえます。

 

プラセンタには抗酸化作用により酸化ダメージを防いだり、肝細胞が完全に壊死してしまうのを防ぐ働きもあります。

 

お酒をよく飲む方、薬を常用している方などにも、肝臓のダメージを防ぐために、プラセンタはおすすめです。