免疫細胞賦活作用

免疫細胞賦活作用

免疫力アップは、さまざまな病気に打ち勝つ力を備えるようなものです。私たちの体は日々細菌やウイルスの攻撃に備えており、がん細胞を除去するなど免疫力が働いています。

 

一度風邪をひいても、ふたたび同じ病気にかかりにくいのは、免疫力がきちんと働いている証拠です。この免疫力は年齢とともに減少したり、食生活の乱れや、生活習慣の悪化などでも影響を受けています。

 

免疫力の低下の原因は、バランスの悪い食生活が大きな原因だともいわれています。不規則な食生活に、栄養のバランスが悪い食事、飲酒や食べすぎなども問題となります。プラセンタには豊富な栄養素が含まれており、免疫細胞にもなるアミノ酸が多いのが特徴です。

 

■ 免疫細胞のもととなるアミノ酸の摂取
■ 成長因子で免疫力を高める
■ 自律神経を整えて免疫機能を整える
これらの働きにより、プラセンタは免疫機能がアップできると考えられます。免疫細胞の原料となるのはアミノ酸で、年齢とともに免疫力が低下してしまうのは、胃腸機能の低下でアミノ酸の吸収量が下がるからです。高齢化にともないたんぱく質を分解してアミノ酸を取り込むことができなくなり、免疫細胞の原料が不足していくのです。

 

プラセンタには成長因子の存在や自律神経を整える働きもあり、免疫機能がアップできるといえます。