自律神経調整作用

自律神経調整作用

自律神経には体の機能を調節する働きがあり、内臓や血圧、体温調節、食物の消化など体には重要な働きをしています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つの神経のどちらかを優位にするかで、体の機能を調節しています。

 

自律神経失調症とは、原因不明の不調も多く、不規則な生活習慣やストレスが原因だといわれています。

 

自律神経失調症になれば、息切れ、頭痛、不眠症、動悸など、原因不明の不調を抱えることも少なくありません。病院で詳しく検査してもらっても異常がなく、ストレスのせいだと片付けられることもあるのです。

 

女性の場合は更年期障害が自律神経の乱れと関係していることがわかっており、プラセンタは更年期障害の治療としても使うことができます。医療保険も適応されていて、効果がきちんと認められていることなのです。

 

■ 交感神経と副交感神経のスイッチ切替ができる
■ 適切な時間帯に必要な自律神経が働く
このような効果がプラセンタには期待できます。自律神経が乱れている方は、ずっと交感神経が働きっぱなしで、血圧が上昇したり、息切れや動悸を感じることもあります。現代人の多くはストレスにより交感神経が優位になっており、プラセンタで上手く副交感神経のスイッチを切り替えることができるようになると、体の不調も改善されます。