ホルモン分泌調節作用

ホルモン分泌調節作用

プラセンタが更年期障害の治療としても使えるのは、女性ホルモンを整える作用があるからです。更年期障害になると女性ホルモンの分泌バランスが変わり、自律神経失調症のような症状を感じやすくなります。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、これらが適切な時期に分泌されることでバランスを保っています。加齢により卵巣機能が低下すると、脳からの指令に卵巣が答えられなくなり、自律神経が乱れていきます。

 

女性ホルモンのバランスの乱れは、更年期の女性だけでなく、若い女性にもみられているものです。

 

■ ホルモンバランスを安定させる作用
■ 自律神経を整える作用
これらの働きがプラセンタにはあり、女性特有のホルモンバランスの乱れに効果的だといわれています。女性ホルモンのバランスの乱れや、ストレスの蓄積、過度なダイエットでも起こります。

 

若い女性ではPMSの体調不調を感じ、生理前になるとイライラしたり、気分の落ち込みを感じる人もいます。プラセンタには女性ホルモンのバランスを整えたり、自律神経を整える働きもあるため、生理前のイライラにも効果的です。

 

プラセンタのホルモンバランスを整える作用では、女性だけでなく男性の更年期障害にもよいものです。