細胞分裂促進作用

細胞分裂促進作用

プラセンタとは、胎盤に含まれる成分のことで、たった1個の受精卵を10ヶ月という短期間で約3kgまで成長させる力をもっています。

 

そして、子どもは細胞分裂が活発で、20歳前後くらいまで体を成長させています。これは成長因子による働きなのですが、大人になると減少してしまい、細胞分裂は衰える一方です。内臓や肌、骨など体のいたるところでは細胞分裂が行われており、つねに新しい細胞へと生まれ変わっています。

 

老化とは、細胞分裂ができなくなったことを意味し、臓器の細胞分裂ができなくなれば、内臓機能が低下して機能不全を起こしてしまうのです。

 

■ 成長因子により細胞分裂促進
■ 肌のターンオーバーを整える
プラセンタには体全体の細胞分裂を促がす働きが期待できます。細胞の代謝がよくなったと感じられるのは肌で、加齢によりターンオーバーが遅くなってしまったのが、若い頃のように代謝がよくなったと感じます。

 

プラセンタは細胞分裂を促がし、肌や内臓などのアンチエイジング対策としても使うことができます。小さな子どものように代謝が活発であれば、臓器に不調ができても何年かすれば新しい臓器に生まれ変わるといえるのです。

 

成長因子が含まれているサプリメントは少なく、プラセンタは貴重な原料だといえるでしょう。